スマホ盗難被害で悪用されることも?中国の業者に買取られる?

この記事は3分で読めます

スマホが盗難被害にあってしまった!
これはかなり困る事態ですよね。
必要不可欠なものなので不便になりますし
何より、そのスマホを何に使うのか不安で仕方がなくなります。

 

 

今回はそんなスマホ盗難被害について注目。
スマホ盗難被害では悪用されることもあるようですが
具体的にどんな悪用をされてしまうのでしょうか?
噂では中国の業者に買い取られるということも言われていますが…?
実際に盗難被害に遭った時に対処をしていくためにも
盗難被害に遭った時にどうなってしまうのか
注目していきましょう!

スポンサードリンク

スマホ盗難被害で悪用されることも?

スマホが盗難被害にあったら
それを想像しただけで
かなり困るのは容易に想像が出来ますよね。

 

 

盗難ではなく紛失したと考えても
日常生活には大きく支障をきたしていきますし
かなり困るものだと思います。

 

 

それが盗難ともなれば
そういった日常的な不便さに加えて
盗難被害に遭ったスマホはどうなってしまうのか
不安で仕方がなくなりますよね。

 

 

実際スマホの盗難被害というものはあるので
どういった悪用内容になるのかを予め知っておき
盗難被害に遭わないように対処や注意をしておいたほうが良いですよね。

 

 

まずスマホが盗難被害にあったら
基本的に悪用されるケースが多いと言えます。

 

 

そもそもスマホは最新であればあるほど
高く売れるので
それだけでも悪用の理由がわかりますよね。

 

 

またスマホに内蔵されているSIMカードを使って
振込詐欺や架空請求などに
悪用されるケースもあります。

 

 

実際振込詐欺や架空請求などのメールが
自分の元に届いたという人はわかると思いますが
最近のそういったアドレスって
普通にドコモやauなどのアドレスではありませんでしたか?

 

 

以前までは捨てアドだとわかるような
わかりやすいものでしたが
最近では、まさに個人から送られてきているように思えてしまうので
詐欺に引っかかりやすくなっているのです。

 

 

その理由というのが、盗んだスマホのSIMカードを利用しているから
というわけなのです。

 

 

最悪自分のSIMカードを使って詐欺をされてしまったら
自分が訴えられてしまう可能性も決してゼロではないので
かなり恐ろしいですよね。

 

 

またやり方によっては
そのスマホを使って
買い物をされてしまうなど
多額請求がされてしまうケースもあるようなので
やはりスマホの盗難はなんとしてでも予防したほうが良い
と言えるのです。

スポンサードリンク

中国の業者に買い取られる?

実はスマホが中国の業者にも人気で
中国の業者に売るために
盗むという場合もあります。

 

 

スマホそのままの状態で売られることもありますし
分解して部品を取り出し
それが高値で売れるケースもあります。

 

 

これはスマホだけでなく
車の盗難被害に遭った場合にも言えることなので
基本的に売れるものは何でも売られてしまう
と思っておくと良いでしょう。

 

 

さて、ではこういった被害に遭わない為にはどうすればいいのか。

 

 

対策としてはスマホは基本的に手放さないということや
外出先で盗まれるような行動は取らない
ということです。

 

 

日本にいると大胆なスリや盗みなどを目撃することは少ないので
警戒心がかなり薄くなっているのが日本人の特徴でもあります。

 

 

そのため、日本人がスマホを盗む可能性だけでなく
警戒心が薄いからこそ狙いやすいということで
外国人が盗みを働くケースも少なくありません。

 

 

ここは日本だから、自分は被害にあったことがないから
そういって安心しないようにして
盗まれないようにスマホには特に注意をしていきましょう。

 

 

また盗まれてしまった時のために
予めスマホの行方を追跡出来るアプリをインストールしておいたり
遠隔操作でデータを消去するアプリなどを入れておくと
悪質な目的で利用されるのを防ぐことが出来ます。

 

 

追跡アプリがあれば
スマホが手元に戻ってくる可能性も高くなるので
是非とも入れておいたほうが良いですね!

 

 

スマホが確実に盗難されたと思った場合には
プロバイダに連絡をしたり
契約解除をするのもオススメです。

 

 

悪用方法によっては
自身が訴えられてしまう可能性も高くなるので
自分が無実だと証明するためにも
盗難被害にあったら、出来るだけスムーズに行動すると良いでしょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。