告白で返事待ちの期間ってどれくらい?催促はだめ?成功率は?

この記事は4分で読めます

告白をしたとして
答えがイエスでもなければノーでもない
保留という答えを出されてしまうこともあります。
そんな時どのくらいの期間
告白の返事待ちをすればいいのかって悩みますよね。

 

 

そこで今回は、告白での返事待ち期間について注目。
保留と言われたらどのくらいの期間待てばいいのか
また、催促をしてもいいのかということや
保留と出された時の告白の成功率についても
見ていきましょう。

スポンサードリンク

告白で返事待ちの期間ってどれくらい?

告白をされた時
すぐに返事をしてほしいと思う半面で
保留としてじっくりと考えて欲しい
という気持ちも出ますよね。

 

 

きっぱりとYESかNOで返事をされてしまえば
その瞬間に心は決まるものですが
少し考えさせてほしいと言われたほうが
より自分とのことを考えてくれる気がして
告白の成功率が上がる感じもしますよね。

 

 

あきらかに相手が自分のことを好きだった場合には
保留とはならず、すぐさまYESという返事が返ってくると思いますが
脈ありなのかそうではないのかわからない、微妙な関係の場合には
NOという前に、少しだけ考えてほしい
と思うのが多くの人の本音だと思います。

 

 

しかし、保留とされたところで
自分はどのくらいの期間、告白の返事を待てば良いのか
それもまた悩みどころ。

 

 

よく考えてくれるのは嬉しいものですが
その間自分はずっともどかしく、切なく、胸を締め付けられてしまうため
出来るだけ早く返事を出して欲しいと思ってしまうのも
保留と言われた時の本音だと思います。

 

 

相手も自分に対して告白の返事をするのは
かなり勇気がいる行為だというのはわかると思うので
ある程度告白の返事を待っても返ってこなかった場合は
諦める必要も出てきますし、こちらから再び返事を尋ねることも必要です。

 

 

基本的に、告白をして保留という返事を出された場合
一週間から二週間までの間は
ゆっくり待つ期間だと言われています。

 

 

その人の生活にもよりますが
仕事などで忙しい場合は
告白の返事を考えられていないということもありえますし
仲の良い友人に相談をしたいと思っても
すぐに相談を出来るわけではありませんよね。

 

 

そういった事情を考えてみると
だいたい保留にしてから一週間くらいは
あっという間に過ぎてしまうものですし
二週間くらい経てば
状況も落ち着いていて、告白の返事について
考えられていると思います。

 

 

ただ、もし告白の返事をNOとしている場合
もし自分がその立場だとしたら
相手にわざわざ断りの言葉を入れるのは
とても勇気がいることになりますよね。

 

 

出来る限りこのまま時間が過ぎていくのを待ち
相手が察してくれたらいいなぁなんて
思ってしまうものだと思います。

 

 

そのため、もし2週間以上経っても返事がなかなかこない場合には
その恋は悲しくも諦めたほうが良いと言えます。

 

 

もしかしたらその後連絡がくるかもしれませんが
もし返事がOKだった場合には
返事を勿体ぶる理由がありませんし
よほど忙しい人以外は、OKだったらすぐにその返事をすると思います。

 

 

無言での返信というものは
なんとも悲しく切ないものではあるものの
直接言われるというのは
自分も、そして相手も傷付くことにはなるので
保留と言われた場合はその覚悟をしておいたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

催促はだめ?成功率は?

告白の返事を待っている期間というのは
とてももどかしいものですよね。

 

 

2週間くらいは待つといっても
本人にとっては長い月日が経つような思いですし
断るなら断るで、さっさと断ってほしいと思ってしまうのは
もどかしさ故だと思います。

 

 

傷付くのであれば、出来るだけ期待をせずに
さっぱりと傷付きたいものですよね。

 

 

あまりにも告白の返事が待てないということもあり
催促を考える人もいると思います。

 

 

当然、こちらが告白をして、あちらが保留とした場合
催促をする権利はありますが
基本的に催促はダメだと言われていますよね。

 

 

もし2週間以上経っても返事がなく
どうしても相手からしっかりと返事を聞きたい場合や
相手が奥手や内気で、自分から告白の返事を言えるような人ではない場合は
こちらから催促として、返事を聞くのは全然ありだと思います。

 

 

しかし、返事をしてからそう日が経っていない中での催促は
相手を急かす、自分の気持ちだけを考えていると思われてしまい
マイナスに働いてしまうことが多いのです。

 

 

付き合うならば自分のことをしっかりと考えてくれる人が良いというのは
誰もが思うことだと思います。
そんな中で告白の返事を催促するというのは
気持ちはわからないでもないものの
自分の気持ちを考えてくれていない、じっくりと考えさせてくれないと思ってしまい
OK気味だった返事も一気に悪い方向へと方向転換してしまうこともあるのです。

 

 

なので、基本的に告白の返事を催促するのは
避けたほうが良いと言えるでしょう。

 

 

最後に、告白をした時に
考えさせてと保留にされた場合
どのくらいの成功率になるのか気になりますよね。

 

 

NOと言われていない以上
悪くはないと思われていると言えるので
だいたい50%以上の成功率なのではないかと思います。

 

 

丁度半分くらいの成功率なので
そこをどう上げていくかが鍵になりますね。

 

 

上げるためには日頃からアピールをしていくことや
告白後には出来るだけ気まずくならないようにしたり
思いやりの姿勢を見せるようにしましょう。

 

 

自分を思ってくれているとわかれば
保留の答えはどんどんYESへと近づいていくので
告白をしたからと安心せず
気を引き締めて、最後まで相手にアピールを欠かさないように
徹底していきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。