顔幅が広いのは頬骨や筋肉が原因?自力で狭くする方法はある?

この記事は3分で読めます

顔幅が広いと
顔が大きく見えてしまう事があります。
もし出来る事ならば
少しでも狭くしていきたいものですよね。

 

 

今回はそんな顔幅について注目。
頬骨や筋肉が原因で広くなるのか
自力で狭くする方法はあるのか
原因や改善法について見ていきましょう。

スポンサードリンク

顔幅が広いのは頬骨や筋肉が原因?

顔幅が広い
顔が人一倍大きく見えてしまいますよね。

 

 

やはり顔は小顔のほうが整ってみえますし
全体的にスタイルも良く見えます。

 

 

しかし顔幅が広いとなると
髪型でどうにか誤魔化したとしても
どこか不自然に見えてしまう事もあるので
コンプレックスを抱いている人もいます。

 

 

何故かお幅が広くなってしまうのかというと
その原因として、頬骨や筋肉が原因なのでは?
と考えている人が多いようです。

 

 

実際に頬骨や筋肉が原因
顔幅は広くなっていくので
この二つのポイントを改善していけば
狭く出来る可能性も出てくると言えます。

 

 

ではまずは具体的に
何故頬骨と筋肉が
顔幅を広くしてしまっているのか原因を見ていきましょう。

 

 

頬骨が顔幅を広げる原因

頬骨が原因で顔幅が広いのであれば
治す事は出来ないのでは…?と諦めてしまう人もいるかもしれません。
確かに骨の形というものはそう変わらないものなので
生まれつきだと考えてしまう事もあるでしょう。

 

しかし実は日常の些細な癖によって
骨は歪んでいくので、それが原因で顔幅が広くなっているとも考えられます。

 

特に挙げられる癖というものが

・片方の歯で食べ物をかんでしまう

・食いしばりをよくする

・片足重心が癖になっている

・うつ伏せで寝ている

 

など。

特に片方の歯でばかり食べ物を食べてしまうのは
顔の骨格を大きく歪ませるものなので
出来るだけ平等に、歯で噛んだほうが良いでしょう。

 

食いしばりに関しても
顔に直接関係のあるものなので
食いしばったりすることは控えたほうが良さそうです。

筋肉が顔幅を広げる原因

筋肉は使っていないとどんどん固まっていき
衰えてしまうものです。

 

それが原因で顔幅が広く見えてしまう事もあるので
顔の筋肉を使わない人は筋肉が原因の可能性が高いかもしれません。

 

例えば無表情でいる事が多いというのは見落としがちな事で
近年スマホなどが普及したことがきっかけで
夢中になるあまり表情を以前よりも表す機会が減ったと言われています。

 

おそらくほとんどの人が
少なからず顔の筋肉は固まっている、衰えていると考えて
良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

自力で狭くする方法はある?

考えられる理由として
頬骨、筋肉の2つの原因に注目してきました。

 

 

原因を知る事ができれば
自力で狭くする事も出来るので
チャレンジしてみましょう。

 

 

原因となる行為をしないという事が大切ですが
他にもより顔幅を狭くする方法として

・頬骨を押して刺激をする

・顔をマッサージして筋肉をほぐす

というものが効果的です。

 

 

顔のマッサージというものは
軽くお風呂上がりや入浴中など
代謝が良い時に軽くマッサージをしてあげると
効果的でしょう。

 

 

顔のコリをほぐし、リンパを刺激することにもなるので
むくみもとれて小顔効果を得る事が出来ます。

 

 

頬骨を押すという方法ですが
口の中に親指を入れて、奥歯より少し手前にある
頬骨付近に置きます。
その後残りの四本の指で
親指がある部分である頬骨付近を軽く圧迫するだけです。

 

 

あとは深呼吸をしながら行っていく事をポイントにするだけで
頬骨の矯正を自力でする事が出来るという事ですね。

 

 

また、どうしても顔幅が気になるという場合には
整形外科に行き相談をしてみるのも良いでしょう。

 

 

整形手術という手もありますが
整形外科の先生に相談をすれば
その人にあった矯正方法を教えてくれる可能性もあります。

 

 

顔幅が狭くなれば
髪型も好きに遊ぶ事が出来ますし
自信を持つ事も出来るでしょう。

 

 

今回紹介したことを参考にして
顔幅を狭くしていきましょう!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。