頬骨が横に出てる人の原因や治し方は?芸能人は誰が出てる?

この記事は3分で読めます

頬骨が横に出ているというのは
顔が普通よりも大きく見えてしまうなど
あまり喜べるものではありません。

 

 

何故頬骨が横に出てしまうのか
今回は頬骨が横に出ている人の原因や
治し方について注目。
また、芸能人では誰が出ているのか
見ていきましょう。

スポンサードリンク

頬骨が横に出ている人の原因や治し方とは?

その人の生活習慣や癖によって
意外と簡単に骨格は変わってしまうものです。

 

 

よく変わってしまうものとして
例えば骨盤などはよく挙げられますし
姿勢の悪さや癖などによって
骨盤が歪んでしまう、脚が変な形になってしまうなど
様々なデメリットが生まれてきます。

 

 

これは骨盤だけに限らず
実は顔の輪郭にも言える事。
顔の骨格、特に頬骨は
生活習慣や背によって出てきてしまうものなのです。

 

 

頬骨が横に出てしまっていると
顔が横に広く見えてしまうことになる為
顔が大きく見えてしまうという特徴があります。

 

 

横に広くなる為
男性の場合は髪の毛で誤魔化す事は難しくなりますし
女性も好きに髪型をいじれないなど
男女共にコンプレックスとなる事のほうが多いでしょう。

 

 

では、何故頬骨が横に出てしまうのか原因を見てみましょう。

・デスクワークが多い

・スマートフォンをよくいじる

・視力が悪い

・ストレス

・歯科矯正

・クセ

など。

 

 

特に最近多い原因としては
デスクワークやスマートフォンが挙げられます。

 

 

デスクワークやスマートフォンを長時間いじると
顔は自然と無表情になってきます。
表情筋が衰えていく事によって
頬の位置がつり上がってしまい
それが原因で頬骨が横に出てしまう事があるのです。

 

 

スマートフォンの普及により
以前よりも頬骨が横に出てしまう人が増えているのも
こういった理由が言えるかもしれません。

 

 

これはストレスなどにも言える事なので
出来るだけ表情筋は使うように
気を付けたほうが良いと言えます。

 

 

視力が悪い人の中で
コンタクトレンズ、カラコンなどをしていると
目の周辺の神経、筋肉の披露が蓄積されていき
表情筋が凝り固まる原因になります。
こちらもデスクワークなどと同じ仕組みで
頬骨が横に出てしまうと言えるでしょう。

 

 

続いて、歯科矯正ですが
ストレス、眼精疲労などの影響で
表情筋が普段から凝り固まっている場合は
歯科矯正によって頬骨が出てしまう事もあると言えます。

 

 

クセについても
どちらか片方で食べ物を噛むクセがあったりと
口に関するクセがある場合には
頬骨が出てしまいやすいと言えます。

 

 

では、頬骨が横に出てしまった場合
どのようにすれば治るのでしょうか。

 

 

頬骨が横に出てしまうのは
表情筋などが凝り固まっている事が原因なので
ストレッチやマッサージなどによって
表情筋をほぐしてあげると良いでしょう。

 

 

長年固まってしまった表情筋を柔らかくするのは
なかなか骨が折れることですが
出来るだけ毎日顔をマッサージする事や
人と話す時に表情を作る事を心掛ける事を意識してみましょう。

 

 

また、半身浴やホットタオルによって
顔を温めて上げるのも◎。

 

 

冷えてしまうと筋肉が固まりやすくなったり
血行が悪くなる事によってむくみやすくなります。
そうなるといっそう、頬骨が目立ってしまう事になるので
出来るだけ温めて上げるといいでしょう。

 

 

最後の手段として
もしどうしても酷い場合や、早く直したい場合には
整形外科に行って相談をしてみるのもオススメです。

スポンサードリンク

芸能人では誰が出ている?

頬骨が出ている芸能人もいます。

 

 

外国人女優として有名なのは
アンジェリーナ・ジョリーさん。
横には出ていませんし
程よい高さである為、顔の凹凸がよりハッキリとしていて
誰もが認める美貌の持ち主でもあります。

 

 

日本の芸能人では

・堀北真希さん

・伊東美咲さん

・松たか子さん

など。

 

 

頬骨が出ているとなると
デメリットのように思えてしまいますが
位置によっては顔が立体的に見えるようになるので
ハッキリとした美人顔になる事も出来るのです。

 

 

もし程よく頬骨がある人の場合は
自分磨きをする事によってさらに魅力的になれる可能性もありますし
横に頬骨が出てしまっている人はマッサージなどを試して
頬骨の出っ張りを治していきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。