家でできる有酸素運動の効果とは?毎日やってはいけない?

この記事は3分で読めます

ダイエットや健康を意識するのであれば
取り入れておきたいのが有酸素運動。
その有酸素運動が自宅で出来るのであれば
是非やってみたいものですよね。

 

 

今回は自宅でできる有酸素運動について注目。
自宅でやる有酸素運動の効果は
どれほどのものなのか気になりますよね。
また毎日やってはいけないという声もありますが…?
早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

家でできる有酸素運動の効果

有酸素運動はダイエットにも健康にも
良いと言われています。

 

 

 

有酸素運動が何故良いかと言うと
有酸素運動をすることによって
体脂肪を燃やすことが出来ます。

 

 

無酸素運動の場合は
基礎代謝量を上げることが出来るので
自分がどのような目標があるか
ということで、どちらの運動をするかを決めてみるといいでしょう。

 

 

有酸素運動は主に
ジョギング水泳などで出来るものであり
長時間にわたってじっくりやすスポーツに多い
ということが言えます。

 

 

じっくりと運動をすることによって
酸素を体内に取り入れることにより
体の動きと合わせて脂肪を燃焼させることが出来るという仕組み。

 

 

さらに燃焼された脂肪は
エネルギーとなるため
力の源となるわけですね。

 

 

しかし、有酸素運動は先にも挙げたとおり
水泳などをしなくてはいけないため
気軽に出来るというイメージはありません。

 

 

自宅でできる筋トレなどは
無酸素運動になるので
有酸素運動の効果を得ることは難しくあります。

 

 

そのため、もし自宅で有酸素運動が出来るのであれば
簡単に脂肪燃焼をすることができれば
理想的ですよね。

 

 

自宅で出来る有酸素運動を上げるとするならば

・縄跳び(部屋の広さが必要)

・ヨガ

・エアロビクス

・昇降運動

が代表的なものとなります。

 

 

ヨガなどは体を大きく動かすことなく
ある程度の広ささえば自宅でも出来るので
やっている人は多いかもしれませんね。

 

 

しかしさらに気軽にやりたい人におすすめなのが
昇降運動です。

 

 

やり方は簡単で
適当な踏み台を用意して
それを階段のように、降りたり登ったりを
その場で繰り返していくだけ。

 

 

簡単な踏み台さえあれば
スペースを必要とせずに気軽に出来ますし
テレビを見ながらでも出来るので
ちょっとした合間にやることが出来るのも
オススメの理由だと言えます。

 

 

効果の程が気になるものですが
やり方や時間帯などによって
効果が大きく左右されることになります。

 

 

時間帯としては朝方や空腹時が良くて
実際昇降運動をする際は
出来るだけゆっくりやるということを
意識しましょう。

 

 

張り切ってスピードを出し過ぎたり
息が上がるほどやってしまうと
無酸素運動になってしまうので
注意が必要です。

 

 

呼吸をしっかりとして
酸素を体内に取り入れながら
じっくりとやることを意識してやれば
自宅でやる有酸素運動だとしても
効果はかなり期待出来るので頑張ってみましょう。

 

 

まただいたい20分以上を目安にして
じっくりとやっていきましょう。

スポンサードリンク

毎日やってはいけない?

運動などは毎日継続してやったほうがいい
というのがよく耳にすることですが
実は有酸素運動の場合には
毎日やってはいけないと言われています。

 

 

まず勘違いしがちなのが
体が疲労しきっているほど効果がありそう
というものですが
体が疲労している状態になると
上手く脂肪を燃焼出来なかったりするため
休息が必要となります。

 

 

だいたい頻度は週に2、3日くらいが良く
しっかりと体が休まっている状態でやるほうが
脂肪燃焼の効果を期待しやすいと言えます。

 

 

ただ、ウォーキングなどの場合は
そこまでハードなメニューではないので
毎日続けていても問題ない場合があります。

 

 

休む目安としては
倦怠感や食欲不振、睡眠不足など
そういった症状が出ている場合には
無理をせずに休むようにしましょう。

 

 

有酸素運動はしっかりとしたやり方をすれば
効果がどんどん出てくるものなので
注意点にだけ気をつけて
体の内側から脂肪を燃焼させていきましょう!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。